簡単に造れる・ピザ焼き釜の製作手順
トップに戻る

ピザ焼き釜の製作手順を説明します。

1.設置する場所の地面を平らにします。
2.レンガ部分の基礎を作ります。
3.レンガを一列並べて目地を入れます。
4.2段3段とレンガを上に積み上げます。
5.中間で目地が固まらないうちに、目地コテで仕上げておきます。
6.中間に大谷石を乗せ、ピザ焼台を設置します。
7.また上にレンガを積み上げます。
8.屋根部分の大谷石を載せます
9.屋根部分大谷石の上にレンガを敷き完成させます。

注意点
1.レンガについたモルタルは、刷毛に水を含ませ、早めにきれいに清掃しましょう。
2.モルタルは固まりやすいので、早めに目地を仕上げましょう。


では細かく説明しましょう 写真で説明
基礎の作り方

平板などで、枠を作り、モルタルを流し込み、基礎にします。モルタルの調合は、
セメント・砂の割合が、1 : 3程度で作って下さい。基礎の上部をコテで平らにならして下さい。

レンガの並べ方 レンガの積み方

充分に水を含ませたレンガを等間隔に並べていきます。レンガとレンガの隙間は、1cm程度に
して下さい。1列並べ終えたら、上から目地にモルタルを充填して下さい。
次に2段目です。1段目のレンガの上にモルタルを引いていきます。この時モルタルの幅が
広くならないように注意して下さい。目安として幅7cm、高さ2cmくらいが良いでしょう。
モルタルを引いたらレンガをソフトにのせます。少し上からハンマーの木部で軽くたたけば
少しずつレンガが沈みます。隣のレンガと高さをあわせるのがコツです。
目地の高さは約 1cmくらいにして下さい。
注意点としては、レンガ側面にモルタルをつけないようにして下さい。モルタルで汚すと、後の
掃除が大変であり、掃除が不十分だと仕上がりが汚くなります。


目地の仕上げ方

モルタルが固まらないうちに、目地コテを使用して、深さ5mmから1cmで仕上げます。
注意点は、平らになるよう力加減を気をつけて下さい。



中間大谷石(ピザ焼き台)の設置

中間までレンガは2重に積んでください(設計図参照)
2重に積んだレンガの内側の一列に大谷石を載せます。注意点は平均して置くことです。


屋根部分の作り方

屋根部分は大谷石を設置します。水平にして下さい。
その上にレンガをきれいに敷き並べ、目地を仕上げて完成です。

(参考 : 別方法での屋根の製作方法)
ベニヤ等でレンガ受けの仮設置台を作ります。ベニヤには中間に長さを調整した支えを
入れます。木材で作ればよいでしょう。長さを計り、ノコギリで切断して支えにします。
この支えとベニヤ板は完成後はずすので、後で取り外しが容易なよう工夫してください。


レンガの水洗い

水を含ませた刷毛でレンガの表面を余りに強くなく、洗い流して下さい。
注意点は、目地モルタルを流さないように洗うことです。

技術的なご質問はメールにて受け付けます。

本社 ・・東京都世田谷区世田谷 2−29−27
株式会社 アート美建
TEL 03-3426-9331(代) / FAX 03-3426-9343
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Art Biken Co.Ltd. AllRights Reserved

Home

 Mail 送信