Q&Aコーナー

メールでのお問い合わせにお答えしております。


10月25日 : 岡山市の永末さんからの質問です。

Q :ピザ釜の製作ホームページを拝見させていただきました。TV番組を見ていないため詳しくは
わかりませんが、設計図と完成写真の違いについて一つ質問があります。
設計図では下段の大谷石の上に耐火レンガが並べてありましたが完成写真では大谷石の上に
耐火レンガは並べててないように見えます。これはどちらがいいのでしょうか。
レンガを並べなくてもピザ釜としての機能が保持できるのであればそのほうが焼きやすいように感じます。
お手すきの時にメールでご返事をいただければありがたいのですが宜しくお願い致します。

A :完成作品は大谷石の上にレンガを並べてあります。レンガを使用するかどうかは状況にもよります。
また焼く人により温度の上げ方も色々で一概に決められないと考えております。
このページを見て製作された方で、別のよい方法や提案がありましたら、どしどしお便り下さい。


10月20日 : 町田市の福本さんからのお便りです。
Q : フジTVで知りました。 ピザ窯の資料をご送付いただけませんでしょうか。
   添付ファイルでメイル送信していただいても結構です。 よろしくお願いいたします。

A : 当社はエクステリアの工事会社であり、piza釜の資料は特別用意しておりませんが、
   当社ホームページで紹介しておりますので、参考にして下さい。よろしくお願い致します。

Web Master
   福本様には、意に添えなくて申し訳ございません。弊社はピザ釜のメーカーではないので
   ピザ釜に関する資料を製作しておりません。また今回製作した釜に関しての製作のサポートも
   しておりませんので御了承願います。たくさんの方が釜作りに挑戦されているようですが、技術も
   個人差があり、うまく作れる人や失敗する人もあるかとおもいます。日曜大工的に作る楽しさを
   味わっていただくことがこのページの目的であり、、おいしいピザが焼きあがれば、ページ製作者
   としても幸せです。
 


10月20日 : 茨城県のSさんよりの質問です。

Q :ホームセンターなどに耐火セメントが売られていますが、今回の釜の製作には必要ないのでしょうか?

A :耐火セメントを使用する場合、屋内設置用になります。屋外用は、通常のセメントを使用します。
   耐火煉瓦同様、耐火セメントも水分を嫌いますので屋外用には通常は使用しません。


10月7日 : 静岡県在住 Mさんからの質問です。

Q : テレビで拝見して挑戦しようと思いました、ちょっと質問なんですが。火を入れるところは
  上のピザを入れる所と下の地面に接したところにいれるのですか?教えてください。

A : 火を入れる場所はピザと同じ場所です。火とピザを横に並べて焼きます。地面に接する場所は
  何も入れません。ピザ窒内に火を入れ温度を上げてから(400℃程度)横にピザを入れます。


10月9日 : 柏市在住のOさんからの質問です

Q : 興味深く番組とURLを見させていただきました。さて、窯の排煙用の煙突はなぜついていないので
  しょうか?耕造上煙突があった方が、入り口部分に煙りが吹き出してこないのではと思ってしまう
  のですが。煙突を付けると、窯の内部の温度が下がってしまうのでしょうか?
  たとえば、煙突(排気口)を付けた場合、温度が上昇したら煙突を塞ぎ空気が外部にもれないように
  するのが良いのでしょうか?結構、窯自身が熱を帯びるような気もするのですが。
  また、窯で使用する薪はどんな薪が良いのでしょうか? ちょうど現在、窯を製作中で土台(枕木)が
  出来上がった所です。
  土台はW900×D900×H750です。こらから窯部分の製作にはいりたいと思っていた矢先です。

A: つける方が良いと思います。ただし、小さな釜なので温度を400℃に上げるには熱せられた空気が
  上から逃げて窯自身に熱を帯びるようにしないと、結果的に400℃まであがらなくなります。
  尚、当社では釜の作り方、ピザ焼きのサポートはしていません。うまくピザが焼けなかったり、水に
  濡れた耐火レンガのひび割れなどいろいろのケースが考えられますが、ホームページ上ではあくま
  で製作の1例を紹介しているだけで、個々の注意事項の詳細などは各専門機関に
  お問い合わせ願います。製作に関しては、ご自身の責任でお願い致します。
お返事 :ありがとうございます。チャレンジしてみます。


横浜市在住の匿名の方からの質問です。

Q : TV拝見。昨日今度引っ越す家の庭に釜を・・と夫婦で話していたのであまりにもタイムリー
  質問 : 制作を依頼するとだいたいいくら位かかるのですか。
  概算で結構ですので、教えて下さい。(新居は、横浜市金沢区です)
A : 工事費を含めて約15万円位になります。現地の状況などにもよります。     


10月10日 : 新潟県在住のk.A(女性)さんからの質問です

Q : レンガ釜作り、見ていて感激しました。 たがねであんなにきれいにレンガが割れるとは
 思いませんでした。割るときになにか筋でも入れるのですか?割るときに注意することありますか。
 それと釜を作ってから、翌日にはピザを焼きましたが目地のモルタルのためには、どのくらい
 まってから最初の火を入れたら良いのですか?教えてください。

A : お答えいたします。
 1.まず、レンガに鉛筆で線を書く
  2.ハンマーとタガネで四方の線上を少しずつ軽く叩いていく。( 注意!あせらないこと)
  3.音の変化や微妙な感じを注意してゆっくり叩く
  4.割れる
  書くと簡単ですが、熟練しないと難しいです。できれば、完成してから、3日ほど置いて
  火入れをしてください。
お返事 : 早速の連絡ありがとうございました。 今度主人と頑張って作ってみます。
             


10月10日 Mさんからの質問です。

Q :テレビでみて感激しました。是非自分で作ってみたいと思うのですが、放映では、実際に火をいれ、
 ピザを焼く部分の大谷石の上にも煉瓦を敷いていたような気がするのですが
 (設計図にもありますね )製作途中(大谷石をのせたとき)に敷かれたのですか?
  また、かなりぴっちり敷き詰められたように(モルタルの目地が見えないくらいに)見えたのですが・・・
 のせただけですか? お教えください。
A : ピザを焼く大谷石の上にも耐火レンガを並べてあります。釜の中が熱せられて大谷石、レンガが
 熱を帯びて結果的に温度が高くなり、ピザが焼ける仕組みです。このレンガはモルタルを使用せず、
 隙間無く並べるだけです。大谷石が新しいので、保護する役目もありました。

お返事 : 早速のご回答ありがとうございました。しかも煉瓦をのせた効果まで、ご説明いただき感謝いたします。


10月10日 流山市のAさん(女性)のお便りです。

テレビを見て感激!食べることが大好きでいつか自分でやってみたいと思っていたことのひとつだったので
わくわくしながら窯の完成を見入ってしまいました。自分の家を持つまでにはまだまだ時間がかかりそうなので
視聴者のQ&Aで聞くこともできず「いいなー」と思うばかり... いつか、必ずと思います。 若き技術者オサミーさん
イッチーさんがんばってくださいね! 今も昔も職人の時代です 問い合わせでなくてすみませんでしたー!!
流山市 
A・A
お返事です。いつか自分の家が持てるといいですね!思ったことは必ず実現します。がんばりましょう!


10月10日 八王子市の I さんからの質問です。

Q : はじめまして、テレビとホームページをみて感動しました。できれば私も作ってみたいと思いますが、
 いくつか質問があります。 素人が作ろうとするとだいたい時間的にどれくらいかかりますか。
 この窯の上に焼肉用の台をつけてたいと思っているのですが、単にレンガを積み重ねていいのかどうか、
 さらにモルタルはつけてかまわないのか知りたいのですが。 東京都八王子市 I ・Y
A : 製作時間は素人さんが作った場合、約3〜4日位かかると考えられます。
 焼肉用に作る場合は、屋根部分を作らず、上に網をのせればすぐ焼肉用に転用できます。
 ピザを焼く時には、大谷石をのせて、ピザ窯に変身です。モルタルをつけて構わないか?との質問は
 趣旨がよくわかりませんが、基本的にレンガを積む場合は、モルタルをつけなければ崩れてしまいます。