エクステリアと外構工事の設計、見積、施工。デザインから図面、予算や積算を管理して丈夫な格安工事。工事エリアは東京、埼玉、神奈川。造園と植木、ガーデニング部門も併設
外構工事と造園の東京都アート・エクステリア。塀や門の施工と設計
会社案内
エクステリア 計画するには
施工エリア
エクステリア製品紹介
地震に強い工事
外構完成の計画と手順
塀や門の解説・ブロック
外構の正しい施工方法
ブロック塀の自己診断
ブロックの寸法表
外構のメンテナンス
モルタル調合方法
塀の素材化粧ブロック
クローズド外構
オープン外構
ガーデン外構
庭作りのすすめ
ガーデニングの準備
美しい庭の創造
パターン別の庭
庭の日常の管理
肥料と用土の解説
庭の調和する色
タイプ別の庭
フラワーガーデン
ローズガーデン
コニファーガーデン
ハーブガーデン
ロックガーデン
日陰地の庭
花辞典
季節ごとの植物
常緑樹
針葉樹
植木の手入れ
用具の解説
家庭園芸での害虫対策
ウッドデッキ解説
植木手入れ・害虫予防
造園の写真
サイトマップ
LINK
Copyright(c) Artbiken AllRightsReserved
外構の正しい施工方法

技術仕様
コンクリートブロック塀の正しい施工方法
コンクリートブロック塀の設計は、コンクリートブロック塀設計基準及び
組積造設計基準(日本建築学会編)に従っていこなわれています。
コンクリートブロック塀を正しく施工する場合の留意点は、次の通りです

@設計及び工事管理は、建築士又はコンクリートブロック工事士のいる
事務所などに依頼して下さい

A施工は建築コンクリートブロック工事士、1級技能士が指導する工事店
などに依頼して下さい


施工のポイント

基礎幅−ブロック幅以上とし根入れの深さは
40cm以上とします

壁内には、D10以上の鉄筋を縦・横に
80cm以下の間隔で配置して下さい





高さー地盤面より2.2m以下とし、壁の厚さは高さが
2m以下の場合は12cm以上
2mを越える場合は15cm以上とする



使用する材料

ブロック JIS建築用コンクリートブロックまたは
同等品を使用
鉄筋 一般的にD10を使用
モルタル 圧縮強度180kg/cu以上の
モルタルを使用
コンクリート 基準強度180kg/cu以上の
コンクリートを使用



控え壁ー高さ1.2mを越えるブロック塀には
3.4m以内ごとに控壁または、控柱を設けて下さい
控壁・控柱・門柱は、塀と連続させて下さい





−建物から50cm以上離して下さい。接近すると
控壁もとれませんし、地震で建物が揺れ
壁を倒すことになります